スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

ストレージ追加

前回の記事に登場したHDD
ハードディスクドライブです。

基本的に日立のDESKSTARしか
買いません。

今回もそうです。
大容量HDD、魅力は大ですが。
消耗品としてしか見てない私にはPCに
2TBなど配置しようとあまり思いません。
壊れた時に失うデータが多すぎて怖いです。

これまで
C:160GB OSサブ SATA
M:320GB 倉庫   IDE
G:&Y:320B キャッシュ(一時ファイル置き場) IDE
Z:160GB OSメイン SATA

で使用しておりました。

今回は500GBを購入しようと。
3470円。
隣の1TB、4470円。
500GB、1000円しか変わらんので
悩む。
大容量なほどお買い得感が出るHDD市場。
320GBは12000円で買ったぞ。

結局、1TBを選択。
これまでは通販でバルク品ばかり買っておったので
箱入りは新鮮。
20110403_214636_01.jpg

海の向こうから来るので
レトルトカレーのような水分防御袋に
入ってます。(バルクはこれが来る)
20110403_214823.jpg

本体
20110403_215317.jpg

日立はまだ500GBプラッタなので
板が2枚ハードディスクが2枚入ってます。
600GBオーバーのプラッタが
標準となったら2TBを考えてもよいかと。
部品が少ないほど壊れにくいですから。

20110403_215347.jpg

3.5インチベイはいっぱいで
5インチベイにネジ、1本の宙づり状態。
アダプタを買わねばなりません。

これでHDDが5台で、計2TBほどになりました。
順次、IDEをSATA500GBモデルへ
載せ替えていきます。

次回は番外編ではありませんが
壊れたハードディスクが数台ありますので
中身をみなさん見たことないと
思うのでお見せしたいと思います。
ほんとにハードなディスクが入ってます。
(分解経験あり)

CrystalDiskInfo
cdi.png

IDEの一台を認識しておりません。
一台はゲタを履かせてSATA接続にしてますが
そちらは認識されてます。
光学ドライブのIDEがなくなり
ジャンパがケーブルセレクトでは駄目なのかも。

前回のベンチテストは
CrystalDiskMarkを使用しました。

こういう健康状態を見られるソフトもあります。
基本的に40度以下で使わないと壊れる傾向が
強いと経験的に思います。

最近のOSではHDDも20分で電源供給が
止まりエコドライブですが動き出しで
カリカリと音がしだすと壊れる前兆です。





スポンサーサイト
category
主に自作パソコン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/786-c282770b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。