SockwtAM3 次は、、。

システム24時間稼働試験もクリアし
使用上もExplorerが一度ダウンしたのみで
非常に安定して使えるようになりました。

ですので早速オーバークロック。
昔はBIOSで細々とセッティングしては
システム負荷をかけて動くかを見るの
繰り返しでなかなか大変でしたが
マザーボードに付属のユーティリティに
ソフトがありましてインストールして
ボタン一つで設定から試験までをやってもらえます。
楽ちんです。

定格クロック3.2GHzからあっさりここまで
PCclock.png  

T1100CPUだったら4GHz越えも見られたのかなと
思いながらも3000円ケチらなければと。
倍率は可変してますのでアイドルだと800MHzまで
落ちますし負荷がかかると3.7GHZまで上がります。
CPUファン、ケースファンともに可変同調制御を
かけてますので基本的に静かです。
マザー30度弱、CPU40度後半が
現在の温度です。


以前に書きましたディスプレイ三面鏡。
その予行演習としてメンテ日記っぽく
久々の工作記事です。
家の中にあるものでなんとかするのが常。

で用意したもの
20110328_152144.jpg 

ディスプレイは購入時に壁掛けが出来るかも
考慮にいれてましたので
それを利用しようと言うわけです。
材木とPCIスロットのメクラ板(よく登場するやつ)
写真の曲げ物はペンチで挟んだ鉄板を曲げてを繰り返して
切断後曲げたもの
ここがディスプレイ背面との接点となります。

20110328_154651.jpg 

20110328_154948.jpg 

20110328_160027.jpg 

純正のアシを利用しますので
4cmの角材で下方向へ延長。
こちらはクギを打っております。
ここに純正のアシをタッピングねじを
インパクトドライバーでバリバリと。

20110328_160316.jpg

画面に写る女性が気になった人は
Youtubeでr33004281のチャンネルへ。
たっぷりたんのうできますぞ。

20110328_161301.jpg

立ててみると24インチは見上げるような視点となり
こいつをセンターに持って行って
22インチを立てるに変更。

20110328_165024.jpg

これだとあまり見上げなくてよいので
しばらくこれで様子を見ることにする。
物理的にディスプレイが縦という状態が
脳の方で馴染みがないので違和感しかない。
メインも立てればですがそれは図面を引いてから
材料を買うことにします。
もう1台ディスプレイもいることですし。

BIOSの設定を見直すとオンボードとPCIの
グラフィックが両立出来ることが分かり
早速、設定後3画面にしてみたところ
急にディスプレイを立てたくなり
今回の実験的工作へと至りました。

飛行機のHPの制作風景
20110328_185234.jpg

HP制作中のプレビューも切り替えがないですし
作業もはかどります。
3波チューナーもPCIで追加の上
録画機としても活躍してもらいます。
ストレージ単価も下がってますし
リモコン等の周辺機器も充実してきましした。
HDMI出力もあるので録画したものは
テレビで視聴。
その間もPCは使えますし画面はたくさんあって困るのは
置き場所だけです。

縦長でブラウジングってのは
縦スクロールが減るので読みやすいですよ。
自分のHPはスタイルシートをそこまで
合わせ込んでないので横スクロールが
入ってしまいます。
現在、CSSを勉強中でちょこちょこと改善してます。



スポンサーサイト
category
主に自作パソコン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/777-7fcdbe74