スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

一号機転換に関するまとめです。

AMD PHENOMⅡ 1090T BLACK EDITION  ¥18970(¥17600)
CTFDDAC064MAG(SSD) ¥10470 (¥10297)
COOLER MASTER Vortex Plus      ¥3980 (¥3450)
ASUS M4A89GTD PRO/USB3(マザー)   ¥14970 (¥12984)
IN WIN TRACK (ケース)       ¥8980 検索結果なし
HEC-700TE-2WX(電源) ¥7470 (¥7291)
TED34096M1333C(メモリー)  ¥4280 (¥3969)
DVI-Dケーブル             ¥1480
IDE,SATA変換アダプタ         ¥1370
計 ¥71970

()内は価格.COM最安価格

PCケースには4つのファンが回ってますが(CPU、電源除く)
大変静かです。フォルムも私好みです。
原色系の色遣いが欲しかったのですが。
前機は扇風機のような騒音物でしたので
その点は大きな改善点となりました。
ファン搭載のグラフィックボードを
増設してもさほどうるさくなさそうです。

CPUは現時点で売られているPCには
2コア4スレッドが主流のようで4コア6スレッドも
見かけました。(家電量販店でタスクマネージャーをすぐみてしまう)
マルチタスク対応アプリケーションも
まだまだ少なく6コアであればしばらくは
手を付けずにいられそうです。
AM3ソケットでスレッド数が増えれば
CPUのみ刷新しそうでもありますが(せめて8スレッド見たい)

電源に関してはまだ計測をしておりませんので
後日、ご報告出来ればと思います。
ベンチマークソフトで負荷をかけて
電圧を見てみようと思います。(1000Wが欲しかった)
12Vの容量に問題なければオッケーです。

SSD、これがプログラムの実行速度向上に
寄与しているのは間違いありません。
コストパフォーマンスはたかいです。
1TBのハードディスクが買える価格でしtが
実験的要素もありましたので導入してみました。

メモリに関してはもはやDDR3の速度は
桁違いですし使い切れる容量でもないので
ページファイルなしでもいけるかもです。

今後、64ビットOSにも興味がありますので
そちらも手に入りましたら試してみたいと思います。

バーチャルPCでWindows7内でWindowsXPを
動かしてみましたが状況が悪かったのか
Vistaでの方が軽快でした。
マウスに着いてこない感じが否めません。

マザーボード
比較対象がないので何とも言えませんが
内蔵グラフィックも不満はありませんし
USB3への対応も出来ましたのでよしとします。
まだIDE機器が現役ですので1系統しかないのは
つらいのは仕方ありません。
これもまた価格の割には凄い性能です。
A7N8X-E DELUXの中古が1万円を考えると
十分すぎますね。

CPUクーラーは夏を迎えてみないと
分かりません。
ATHLON XPは夏場でも30度台に冷やしてましたので
そのぐらいには落ち着いて欲しいですが
Windows上では-128℃と異常な値を
アプリが拾ってます。(理由は不明)

以上
スポンサーサイト
category
主に自作パソコン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/773-4998c654

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。