とりあえず電子機器関係ということで パート3

こちらの記事から来た方はパート1へどうぞ。

いろんな作業中に何があったか
パソコンの電源が数秒で落ちる現象発生。
マザーボードのパイロットランプは点灯OK。
保護回路が働いて落ちるようです。
本来ならマザーボードと電源だけを繋いで
ひとつずつデバイスを装着して動くか試験なのですが
そんな面倒な、、、。
恐らくCPUだろうとCPUを外したら電源入った。
グリス硬化でCPUクーラーとの密着が
落ちて発熱しちゃったのですね。
なのでグリスを塗る。
その前にコアとクーラーのグリスをアルコールで掃除。

グリス クーラーの付属品です。
20110310_165812 (コピー)

CPU 未だにATHLON オーバークロックするため
改造してます。(ATHLON XP)
20110310_164932 (コピー)

CPUクーラーのコア接触部
20110310_164958 (コピー)

再装着後、無事起動してほっとした。

その後、Windowsを使ってたんですが
なにやらもの凄く遅いので確認してみると

athlon.jpg

CPUのクロックがー。
起動不可になったときにCMOSクリアしたので
クロックが下がってしまいました。
再起動してBIOSからFSBのバスクロックを200MHzに
変更して

Athlon (2)

元に戻りました。

そして横長な今時なモニターを提供しいただけることになり
22インチのディプレイをメインにサブに今までのものを接続して
デスクトップ拡張ができより便利な環境になりました。

これが
005.jpg

こうなりました
20110311_194016 (コピー)

これまたもう一台所有のディスプレイがご臨終を迎え
ほんとの意味でマルチには出来ませんでした。







スポンサーサイト
category
主に自作パソコン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/756-aa750214