GT-Rマガジン ~ボディケアの掟~

今号も大変興味深い内容で次号へも続くということで
次も買いです。
雑誌を買わなくなったのでいつも発売日に入手できません。
入荷数が少ないようで。

今号で興味をひいたのは

ボディケアの掟

最近では洗車の頻度は落ちており
青空駐車で樹脂部品の色もとび
ケアという点では反省点も多々。

チェックポイントにあった項目を再考。

○ガラスの浮き上がり ウェザーストリップの劣化

浮き上がっていたかも知れませんしゴムの劣化かもしれませんが
高速走行時に風の吹き込みが2年ほど前にありました。
P/W修理で都度ガラス位置合わせをしているので
ゴムのへたりに合わせてだんだん内側に向かっていると思います。

ウェストゴムにぽつぽつと小さな穴と表面の劣化は
5年ほど前に確認しております。
その際はクリアーのシリコンシーラントをウェストゴム表面に
塗ってみました。
その後洗車時・雨天時も水入りはありません。

○フェンダープラスチックワッシャーの劣化

どこか分かりません。フェンダーパネルとボディの素材の違いで
電位差によるサビ防止にアルミと鉄を直接くっつけてないそうなので
そこに使われているワッシャーか?

○ゴム&シール類劣化による水漏れ

トランク廻りに限っては数カ所。
リヤウインドウモール下のリテーナーはダダ漏れでした。
リヤウインドウモールは全周に渡り劣化しておりツヤ消しです。
ここは交換がけっこう厄介なので塗装しようかとも思いますが
表面はけっこう荒れております。

○プラスティック塗装の色あせ

昔のマツダ車ほどではないですが確実にツヤはなくなりました。

○ルーフパネル継ぎ目の歪み

ありません。ここにシワがよる=相当なボディストレスがあるかと。

○磨きすぎによるクリアの飛び

磨いてませんが飛んでます。保管状況に大きく左右される所ですが
15年を区切りに全塗装も視野に入れた方が良いかも(事故車扱い)

○リヤワイパー、フロントワイパーナットの錆

後ろは見事に錆びてます。フロントは?
ナットよりもアームにそもそも色がありません。

○ドアヒンジ&フードヒンジ廻りのサビ

今の所はなし。
たまにハブラシで見えるところちょこちょこ掃除してます。

○ヘッドライトのくもり、レンズの劣化

レンズ云々よりも表面に塗られた塗装の劣化。
磨くことである程度は取り戻せる。
樹脂レンズ登場以来の悩みでしょう。この点は32はよかった。

○フードレッジの錆

まだ大丈夫。ここが錆びるとホントに修理が大変なようで
ちゃんと直さない業者もあるそうで塗装の下が全面サビ状態だったり
直してもまた同様に戻るとか大変そうなので要チェックですね。
たまにはタワーバーを外して見ないとね。

○トランクまわりのサビ、汚れ、雨漏り

我が個体が一番苦しめられている症状。水漏れの可能性がある箇所が
複数に及ぶため漏れている場所特定も難しい。
気付くと池が出来ているので深刻ではないものの塗装上に錆はあちこち。
トランク内側、リヤフェンダー等のパネル継ぎ目は深刻な錆がある。
スポット溶接箇所を伝って来るので水を入れない事が大事ですが
内側からもシールして波及しないようにしています。
現在も水漏れ・修理を場所を変えながら繰り返してます。
水が溜っても抜けるようパネル下面、最後短のゴムを取り外し
バッテリーのガス抜きチューブを取付けてます。

○ガラスランの劣化

右は一度全面清掃・給油してますがそんなに悪くないです。

○トランクヒンジの錆

ダンパー基部が錆びてます。

一番の心配は購入時に入れられていたサイドシルのウレタン。
当初はサイドシルの水はけ悪く運転席がびちゃびちゃになってました。
改良後は水は車内に侵入してませんがサイドシル内はどうなってることやら。
シーラントで内側から水を止めてウレタンも一部粉砕しましたが。
ジャヤッキポイント潰れもあるので今後が心配。

可動部給油はちょくちょくやりますが
防水ワックスは使ったことがないのでパネル内側に塗っおいたら
よさそうですね。






スポンサーサイト
category
GT-R
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/608-c43f65a0