GT-Rメンテ日記198

トランクの穴埋めのための作業を継続中ですが
一部、鉄板が剥きだしになりまして
サビが出ておりましたので
とりあえずプラサフを吹くことにしました。
トランク全体を#800で撫でてアシ付けとし
マスキングも適当に上面を吹く。
その乾燥を待つ間にエンブレムとキーシリンダーを外す。

後ろ面も800番で撫でておいてからプラサフ塗布。

今回の脱脂はシンナーです。
いわゆるペイントうすめ液です。

BCNR33のトランク上面はスポイラーが被さる部分の
前方部(リヤガラスに近い所)は見せるような表面処理となっていないので
穴埋めだけでなく上面がなだらかな平面となるように
してみるのも良いかも知れません。

乾燥後パネルのキズ、穴埋め部の最終パテを
薄付けで行ないこれで下地の塗装完了とします。

あとはサーフェイサーのザラザラの研磨、最終面だしを経て
白色の塗装へと移ります。

今回使用したのはHOLTSのプラサフ 945円 1本。

もう穴はどこにあるのやら。
100604_183017.jpg
100604_183033.jpg





スポンサーサイト
category
塗装系
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/549-9263a708