スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

GT-Rメンテ日記176

午後三時を回ってからの作業開始に
不安を憶えながらも、、、
作業を始める。

固着が私を苦しめます。

前回の交換は2006年2月。
その際はハブとサードリンクとシャフトを丸ごと外してました。
しかし既にタイロッドは固着のため外れません。
ロッドエンドもプーラーがなく外せないと同時に
スタビライザーのピロボールコンロッドもナット固着。

とりあえずフロントデフのオイルを抜いて
カバーを外しデフ側からドライブシャフトを押して
スプラインから抜きます。

100424_162200.jpg

アッパーリンクとサードリンクを切り離してもダメの図
100424_172437.jpg

結局
ハブ側テンションロッド切り離し(ブレーキ導風板も)
ハブとサードリンク切り離し
ハブとロアアーム外したが意味はなし
車速センサー切り離し
ハブのブレーキラインブラケット取り外した上で
何とかシャフトが抜けました。
このまま車載状態で交換です。

100424_175529.jpg

車検前にデフオイル漏れと思っていたのは
実はシャフトブーツだったかもという懸念が。
ちゃんと触って確かめないとダメですね。
グリスの飛び散り方だけで判断していたので反省。

さてスナップリングを外してスパイダーASSYを取り外し。
本来は手で抜けるようですが今回もプラハン打撃。
それから抜く前に合いマークしておくようです。

スパイダーASSY
100424_180731.jpg

前回はこれも分解洗浄してどえらいことになりましたが
今回はグリス拭き取りのみ。
ブーツをシャフトにはめるために抜いただけ。
やりにくい状況ながらなんとかブーツ装着。

100424_181840.jpg

辺りが暗くなって参りました。

足回りを元に戻す。
ナットの締め忘れが懸念される状況です。
1箇所ずつ締めては白ペンでチェックマークを入れます。
タイヤまで装着してホイールナット仮留め。

これで終わりだったらいいのですが
デフのカバーを付けねば。
液体ガスケットのチューブしぼりをする握力が足りません。
四苦八苦しながらなんとか塗り終え
カバー装着。
ここからは懐中電灯の登場。
ブリーザーホースは明日繋ぐとして
ボルトを地道に締めていく。

次はオイル充填。
今回はまだ2ヶ月間しか使用していないのでオイルは再利用です。

完全に日が暮れました。

恒例の手動ポンプです。
100424_192445.jpg

やっとアンダーカバー装着。

ジャッキダウンしてホイールナットを本締めして
ダンパーのアタマも本締めして完了。

急遽、修理となったため予習不足で幾つか要点が抜けてました。

・スパイダーASSYとシャフトの合いマーク
・ブーツ装着後ブーツ内と外側との圧力差を調整する

ブーツのつぶれはなかったので大丈夫だと思います。

32から33に変わってもこの部分はほぼ5年に一回の
交換サイクルは同じです。
ハブ側に使用している分割式ブーツは長持ちしています。

100424_180109.jpg

予定外の作業となり大変でした。
スポンサーサイト
category
修理系
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/484-91bc88cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。