スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

テスト走行結果

片道30kmほどプチ峠ありの
いつものステージでカムのフィーリングを試す。

雨降りでウエット。

50~60kmでの流れでは
5速、1200rpmでも走行可能。
レスポンスはしませんがシフトダウンなしで再加速はOK。
先程の設定より幾分、発進時のチカラが減った気がする。

シグナルスタートでの加速は
ミートはいつもどうりの1000回転から。
4000回転を超えてもパワーの盛り上がりに欠ける。
家の廻りを走った時とはかなり印象が異なる。
いわゆるカムに乗るというのではない感じ。
ここに関しては燃料フィルターの劣化による燃圧の低下、
タービンの劣化、アクチュエーターの劣化等の
タービンが仕事出来てるかチェックの必要がある。

一方、少し勾配のある登坂路の峠道では
今まで4速ではだるかった加速がかなり改善。
雨でアクセル操作量が大きくないとは言え
3000回転以上回っていればかなりレスポンスしてくれる。
直線路とはかなり印象が異なる。
こういうステージでのフィーリングをメインに考えれば
十分なのだが直線で遅すぎるのもさみしいものである。
遅いとは言うもののカラダはすぐに馴れてしまうのもので
調整後の最初に感じる部分で判断しないと
感じ方が変わってしまいます。

とりあえずいろんなセットを試しているので
しばらくは試行錯誤になりそうです。
あと10度ほど作動角が欲しい感じがしてきました。
クランク角度で2度変更では体感できる差が出ないので
大きめの変更を試してみようと思います。


スポンサーサイト
category
改造系
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/453-b03b8af9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。