スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

GT-Rメンテ日記152

クラッチの作業、続きです。

この日に合わせて仕入れた部品
100225_221202.jpg

クラッチマスターのピストンキットです。
30611-05U27で発注しましたが05U25で来ました。

せっかく外すのでオーバーホールということで。
そして作業開始時に抜いたフルードが真っ黒。

DSCF0326.jpg
リザーバーも。
DSCF0333.jpg
もちろんこちらも。
DSCF0338.jpg

ピストンが摩耗せずにシリンダー摩耗しているような。
前回のフルード交換からは3年ほどです。
クラッチマスターも新品にすべきだったかも。
シリンダーを目視点検しましたがキズはなかったので
ピストンキットのみ入替。

右側:新品 違い(消耗)は感じられない。
DSCF0347.jpg

ピストンキット組み替えた後
大事な事を忘れて取付けてしまいました。
そのせいで1時間以上経ってもエアが抜けませんでした。

マスター単体でエア抜きするのを忘れてたー。

このままでは永遠にエアは抜けない気がして
一服していたら思い出しました。
今までに3回もブレーキブースター交換したこと
あったのに、、。

仕方なくクラッチマスターを再び取り外し。
けれどリザーバー付いてると工具入らないのです。
大変です。
またフルード抜く、、、。
リザーバー外す、、、、。

辺りが暗くなってきた。

シリンダーにリザーバー被せて
フルード入れて
手でシリンダー押して
シリンダー戻す前に出口指で塞ぐ。

この作業をしなかったばかりに、、。

DSCF0350.jpg
やっと出来た。いやまだエア抜きが、、。

この後クラッチダンパーのブリードから
ドバッっとエアが出てやっとペダルに踏みこたえが、、。
この1回でエアは抜けました。

もう6時でした。

走行未チェックですが
問題はなさそうです。

クラッチペダルの遊びが少なくてカバーの
圧着力不足を懸念しての作業でした。
クラッチブースターの各寸法で遊びを増やす方向に
なったのでとりあえずはよしということで。
もしかするとキレ不良になるかもしれないので
要実走チェック。

クラッチ本体もチェックしたいので
ミッション降ろしてクラッチチェックもやってみたく
しっかりした油圧ジャッキ、ウマ、ミッションジャッキアダプター
などを入手検討中です。
降ろすならクラッチ換えろと言われそうですが
芯だしのSSTが手に入ればなんとか、、。
トルクレンチも買わねばさすがにキビシイですね。
大小揃えると高くつきます。
クランクプーリーの46k締められるのが
あればタイミングベルトもやってみたいのですが。


スポンサーサイト
category
オーバーホール
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/436-3ac7e4b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。