GT-Rメンテ日記141

やっとインタークーラーの入れ替えです。

リフトがあればバンパーを外さずに
下から抜くことも出来ますが
ジャッキ環境ですのでバンパーを外します。

リップスポイラーは付けたままで
外します。
ブレーキ冷却ダクトはリップスポイラーに
取り付いているので外す。
インナーフェンダーのバンパー側はフリーな
状態に。
エンジンアンダーカバーも前側は外して
垂れ下がり状態に。
フロントグリルを外して前側ボルト3本
フェンダー側タッピングビス2本ずつ。
ナンバープレートステーはトルクスボルトなのです。
ウインカーのコネクターも忘れてはいけません。
うちのクルマはポジションと場所を入れ替えてますので
ポジションランプです。

100115_171838.jpg

これだけ外せばバンパーは前側に抜けます。
普通のクルマはもっと楽だった。
寝転んで外すモノが多いのでそれに一番時間を
取られます。
むかーしにリサーキュレーションバルブ取付けの
ためにアンダーカバーをめくったBNR34よりは
楽だった。

100129_125712.jpg

作業性向上のためレインフォースも外します。

100129_130548.jpg

インタークーラー自体はボルト3本で固定なので
パイプのバンドを緩めればスッポンと抜けます。

並べてみる 下が純正 と言ってもBNR34用
100129_131836.jpg

メーカー不明の社外品は2層で
コアサイズは厚み以外は純正の方が大きい。

100129_131848.jpg

パイプの入り口、出口の高さが違います。
この時点では気付いておりません。

下側のブラケットを仮留めしてホースを先に
固定しました。
微妙に繋ぎのゴムパイプが短かったので。

100129_140647.jpg

なんとか取付けたが
問題発生です。
上側のブラケット、インタークーラーのロケートピンが
刺さる所が合いません。
33純正よりもピン位置が下なのでピンが刺さらない
という状況です。
調べてみますと

BNR34
intercooler7.jpg
BCNR33
intercooler2.jpg

とりあえず位置決めピンなので
後日考えるとしてインタークーラー入替は
ひとまず終了してバンパーを取付けました。

そしてなんともし難い仕上がり。

100129_153909.jpg

100129_144515.jpg

微妙な傾き具合と大きなスキマ。

地面が見えるのは?
純正だと見えるんですが、、
今回、純正のグリルネットも買おうと思ったのですが
2001年価格でも1万円オーバーで
現在は2万はするのではと思い買いませんでした。
そのせいもあるでしょうし
元々33はインタークーラー黒色塗装なので
余計に目立ちます。
インタークーラーの取付け角度のせいかも
知れませんしその辺はまた対策しようと思います。
地面さえ見えなければスキマは良いのですが、、。

純正のインタークーラーはラジエータと
同じくゴムマウントでダイナミックダンパーの
役目もしています。
剛結の社外品とどのように変わるかも興味のある所です。
上部マウントなしの状態なので完全ではありませんが。
走行フィーリングはどうでしょうか?






スポンサーサイト
category
改造系
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/419-a0993bf3