GT-Rメンテ日記78

今日も朝からメンテ。先ほど、終了。

かねてからの計画”ブッシュの適正化”
うまく表現できません。
クルマのサスペンションは車体に振動、入力を伝えすぎないように
ゴムを介して取り付けられています。
もちろんピロボール化してダイレクトに取り付けるのが
速さを求めるにはベストかもしれません。

ですが、公道での使用がメインですので、そこまでは。
ブッシュがたわむことで
トーコントロールされるセッティングがなくなる
車体に対する攻撃性が高い
などセッティングも難しければ
長く乗るにも困ってしまう。
それを考えるとピロはちょっととなるのであります。

サスペンションの腕に当たるアームの取り付け部は筒状になっています。
そこにゴムの筒が圧入されています。
そのゴムの筒の内側にも金属の筒が圧入されています。
そして内側の筒は車体の取り付け部分で固定されてしまいます。
ということは、サスペンションがストロークすればゴムの筒はねじられるように動きます。
何が、問題?と思いますか?

サスペンションの取り付け時はたいてい
クルマをリフトアップしてサスがダラーンと一番下がった位置でやりませんか?
この位置でブッシュを固定してしまうと
本来、サスの動く領域ではすでにこじられた状態で動きにくくなります。

そこで、サスペンションが走行時に実際動いている所で
よじれがなくなるように締めなおすということです。

まずは、静止状態で車高を目安として測定。
ジャッキアップしてフェンダーから任意の場所で測定。
いくら下がったか記録します。
そしてサスをつないでるボルトを全部ゆるめます。
すると少し先ほどより記録した数値が大きくなります。
これは、ブッシュの固定を開放してフリーになった分です。
実測は、リヤは 10mm,フロントは25mm程、下がりました。

次に静止状態からサスが10mmあがった位置を計算して
車載ジャッキでサスペンションを縮ませて
その位置でブッシュを固定していきます。

これで、サスが少しストロークした位置に
ブッシュのねじれのない部分が来ることになります。

現在のブッシュは劣化がすすんでいることもあり
どれだけの効果が期待できるかわかりませんが
理論的に一番使う所がスムーズに動くはずです。
効果の程は今晩のテストにて評価いたします。

オイルキャッチタンクのホースは予想どうり綺麗になりましたが
タンクの中に水とオイルが溜まってました。
なかなかこぼれてくれず、今日は全量抜けませんでした。
スポンサーサイト
category
メンテナンス
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/381-23b32d7f