GT-Rメンテ日記83

続 アライメント

フロントのトーを左右アウト方向に0.5mmふってみた。

ドライではあまり分からないが、前述のとうりウェットでは
より顕著な挙動を見せる。

ステアリングを切るほどに
スカッフ変化のような接地面とのグリップ変化

ドライ路面においても、フルロックまで切るような場合、
やはり接地面がこじられているような感触です。

まだ、テスト走行はしておりません。

ステアリングレスポンスがかなりよかったので
まだトーイン方向なのでしょう。

タイヤの大径化でもともとワンダリング性能がいまいちなので
ステアリングレスポンスが落ちても
ドイツ車のようにまっすぐを気楽に走りたいです。
路面が悪いとフルブレーキでどこへ飛ばされるやら。
シフトダウンで片手ハンドルになると怖いときもしばしば。

スポンサーサイト
category
メンテナンス
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/377-7601ff8e