スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

M4A1 その6

ここまで来ればだいたい終わりかなと
思っていてらそう簡単には。

フレームロックピンの前側です。
ピン自体に問題はありません。
フレーム側の穴加工の問題です。

その1 アッパーフレームの穴位置が1mm弱下である。
その2 ロアフレームの穴加工が左右でずれている。
     右から見ると穴が上方向になっている。
     銃本体を銃口方向から見ると右上がりになっているということです。

加工なしでフレームロックピンを挿入(圧入だが)すると
レシーバーに隙間ができます。

ピンなしではピッタリなんですが、、、
091115_144949.jpg

ピンを打ち込んでいくと左側にがっかりするほどのスキマが。
まずはアッパー側の穴を上方向に長穴にします。
丸棒ヤスリで削ってはピンを入れて確認と
1時間ほどやってたでしょうか。
本当はロア側の穴修正も必要ですが
今回は塗装はしたくないのでやっておりません。

このぐらいかなと思うところでピン挿入&確認
091116_142841.jpg

まだ少しスキマがありますが細かい所は追々ということで。

スポンサーサイト
category
GUN
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/324-721e71a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。