スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

献血とウェイトトレーニング

昨日出かけた先で献血プラザがあったので
66回目の献血をした。

血小板成分献血をしてほしかったが
設備は全血をメインとしているようで
400ccを頼まれました。

で今回献血をしてから
試してみたのは日課のウェイトトレーニングである。
もちろん血を抜いているので有酸素運動能力は
低下すると思いましたが。

トレーニング出発前にグレープジュースとキャラメルで
糖分は補給。

トレーニングは胸、プレス系の日。
まずはベンチプレス。
ウォーミングアップ重量ですでにいつもよりキツイ。
本番45kgもレップス落ちました。
ダウンセットはダンベルに変えて行いますが
全てレップスが前回より落ちました。

ベックデッキフライ
プルオーバー
ダンベルアップライトロウ
インクラインサイドレイズ
前傾サイドレイズ
ショルダープレス
リヤレイズ
ライイングフレンチプレス

といつもよりセット間インターバルは多めでしたが
完遂しました。
フライ以外は全部レップスダウンしました。
前回トレからはインターバル2日で筋肉痛なしでした。

血を抜いたことによる身体能力(筋力)は
大きかったように思います。
またトレーニングでいじめていない背筋に痛みがでて
お辞儀をする動きが支えなしではつらい状態になったのも
気になるところです。

また機会があれば成分献血後のトレも実験してみたいと
思います。

結果的にマネされないほうが良いです。
献血した日はおとなしく過ごしましょう。
採血した部分から出血もしました。
(私は血小板が基準上限の多さなので)
トレーニング後は疲労感がすごく座っているだけでも
しんどいような状態で食事は普通鵜に摂りましたが
22時に横になってしまいました。
スポンサーサイト
category
献血
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/289-b978e387

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。