GT-Rメンテ日記101

 遂にでました。

新型。

カタログを早速発注しました。
簡易版しかないそうです。

ベースモデルで見積もりしたら8300000円でした。
けどこの価格帯だと俄然、NSXっておもうのであります。
一度試乗してみたいです。
近くのディーラーでは扱ってないのですよ。
職人の手組みエンジン、フレーム全数加震テスト
テストドライバーによるブレーキ、ミッションなどの
150km相当の慣らし運転。
手にした瞬間からスポーツできるなんて素敵です。
これで、フェラーリ、ポルシェのフィールドでも対等に
戦えるマシンになったのでしょうか。
モデルチェンジせず、Zのように何年もかけて熟成してほしいです。

ZのVG30DETTは熱的問題等いろいろありましたが3.8L
V6ツインターボの冷却はどうなんでしょうか?

スーパースポーツを謳うからには下位グレードの部品などしようせず
フェラーリのように座るだけでのワクワク感
ポルシェのようなフェードしらずのブレーキ、冷却系を期待します。

もっともクルマの運動性能に一番必要なのは軽さだとおもうんですが。

峠じゃFDに負けるのでは。
あらゆるデバイスがあってもタイヤが減れば
ただの重いスポーツカーなんてことになってしまいまあす。
スポンサーサイト
category
クルマ
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/278-41b851c6