GT-Rメンテ日記87

 久々のクルマネタ。

当初より不満のクラッチです。

半クラのはじまりがペダルを離す直前、しかも半クラの幅がせまい。

ですので、坂道はもちろん平坦路でもしばしばエンスト。
すっかり坂道恐怖症です。
やっぱりメタルクラッチは自分には合わなかったなーと後悔してます。

元来、半クラ開始位置がペダルを踏み込んで
ちょっと浮かすと半クラってのが好みなのと
クラッチをいたわるためにアクセル
ほとんどいれない運転がしみついているので余計に乗りにくいのです。

基本的に油圧クラッチはワイヤーと違い調整ができないのがまたつらいです。

方法としては
純正クラッチの交換。
前のプッシュ式とプル式との違いがあるので
つながり位置が好みの位置にくるか微妙。

マスターシリンダーのロッド調整。

超大変。

却下。

ペダルの位置をこちらに(遊びを増やす)。すでにいっぱい。

ということで

今回はペダルをいっぱい踏み込んだ時に当たる
ストッパーを替えてみました。

純正は圧さ5ミリ程のゴムです。
これを外して、40ミリのボルトをナットで挟んで
取り付けボルトの頭がストッパーとなるようにしました。
クッションゴムも貼り付けて純正よりもプラス15ミリほど突き出るようになります。

物理的に半クラ位置は変わりませんが
踏み込んだ状態から半クラまでの距離が短くなった事になります。

エンジン始動して各ギヤに入るかチェック。
停車時はちゃんと切れているようです。
フィーリングとしてはペダルストロークが減った印象のほうが強く
半クラの感じはイマイチ分かりません。

まだ実走してないので、インプレッションはまた次回に。
スポンサーサイト
category
改造系
genre
車・バイク
theme
メンテナンス&ケア
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/268-9251ddf0