ラジコンヘリ入門記30

今日は朝9時から純正バッテリーを積んで
いざ練習。

お天気は曇りで風が強い。3mはありそう。

浮かしてみましたが1100mAバッテリーのパワーでは
とても恐い状況。

そこで機体を対面に据えギリギリ浮かないように
操作練習しました。
時折吹く強風で機体が前につんのめって(45°ぐらい傾く)
浮いていないのにスリリングな状況です。
おまけに舵操作は遅く、向きの逆です。
約6分ほどでバッテリー終了。

午後2時再び。今度は1700mAバッテリー搭載。

風は幾分治まりましたが
今度は雨が。
小雨決行。

でもやっぱり風強いかも。
なので再び対面地滑り練習。
まだちょっと危なげですが
時折、地面を離れることが出来ました。
けどまだ浮かすまではムリ。
ひたすら高度1cm。
たまに後方ホバ。
すると馴れているはずなのに
ちょっと危なげ。

これは対面、後方だけできても
その時々でしか対応できないような。
やはり360°どっち向いても操作できるよう
頭の神経を繋がないと。
少しの希望と大きな壁。

そうこうしているとなにやら回転音が
大きくなった。
近寄って点検。

モーターのピニオンが終わってました。
090505_142832.jpg

平均、週3回の飛行(飛行時間10分平均)で
4ヶ月で寿命でした。
バックラッシュ多めでしたので
その分早くなったかもしれません。

ついでにブラシレスモーター搭載と
バックラッシュ調整のためアッパーフレームに
邪魔な部分があるので参考までにこちらも。
090505_143000.jpg


ところでピニオンを交換するのですが
これから新たに入手します。
現在、歯数は10Tです。
部品設定には9,10、11と3種あります。
10Tで問題ないのですが、気になるのは
歯数選択の考え方です。
RCカーでは速度をねらうと歯数を落としていきますが
ローターの回転を上げたり下げたりするのは
なんのため?か分かりません。
浮かなければローターの回転を上げる必要があるかなぐらいは
思いつきますが。
ピッチがつくとローター回転も落ちますが
その場合ローター回転数がもっと欲しい場合
歯数を減らすとギア比は高回転ですがトルクが
なくなるので回転は上がらないような気もします。

そのあたりの関係がイマイチ分かりません。

という訳でそのまま10Tでも良いのでしょうが
ピニオン歯数を変えるとどう変わるか
実際やるのもいいかもしれません。

モーターのシャフトガッチリ食い込んでいるピニオン
プーラーがいるなとは思っていましたが
あまりSSTとか治具は買わないたちです。

たいした工具もなしに家の前でクルマのドライブシャフトを抜いて
ブーツ換えちゃうような性格なもので。
工具足りなかったらバラしたまま自転車でホームセンターに
走ります。

どうしようか考えておりましたが
中学時代、自転車改造が趣味でしたので
チェーンカッターなるものがあるのを思い出しました。
文字どおりですが自転車のチェーンのコマを
外すためだけの工具です。

さてこれでやってやろうと思ったら
プーラーのシャフトがモーターのシャフトより太かった。
負けてなるものかと間に細い物を噛まして
無事取れました。

格闘シーン
090505_155505.jpg

あんまりやりたくない作業です。

ピニオンはしばらく考えて歯数を検討してみます。



スポンサーサイト
category
ラジコンヘリ
genre
趣味・実用
theme
RCヘリ
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/177-35fdd91a