スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

ラジコンヘリ入門記 KING 調整編4

さて機体の重心の設定・調整です。
一般的にはメインマストを中心にして均衡が
とれている状態が推奨されています。

3Dなどの高機動飛行では重心を後ろ側に
することもあるようです。
ということは重心を前側に持って行くと
安定感が増します。
これは経験上分かったことですし、
そのようなアドバイスを頂いたこともあります。

購入時のKINGの重心はどうでしょう?
後ろ側が重い状態だと思います。
メインマストにオプションの金属部品があるので
それに備えてのテールヘビーだと思ってます。

私の機体はバッテリーハンガーをKING2に
換装してますのでKING3は分かりません。
流用は効くと思います。

まず現在の重心を見ます。
スタビライザーバーの根本を指で持って
機体を吊り下げた状態にします。
それを機体の横面から見て重心を見ます。

090429_195223.jpg

バッテリー未搭載です。こんなカンジで吊してください。

090430_085646.jpg

実際の重心調整はバッテリーの搭載位置を前進させるのと
大きなバッテリーを載せるのふたとおりがあります。
ブラシモーター搭載機はバッテリーは純正品でしょうから
搭載位置の前進です。

バッテリーハンガーの前側にバッテリーを載せて
重心を見ていくのですがバッテリーをもっと前に載せないと
重心がとれないのが実際だと思います。
そこでバッテリーを載せるスペースを延長して
より前に載せられるようにします。

090312_164308.jpg

私の場合は自作PCのPCIスロットカバーを流用しています。
ホームセンター等で適当な部材は見つかると思います。

幅 2cm 長さ10cm ほどの板状のもの

純正バッテリー(約100g)を搭載

090430_085813.jpg

少し重心が後ろ、テールヘビー状態です。
前にずらしていくとほぼ均等までは可能です。
実はバッテリーだけでは軽すぎる状態です。
バッテリーの端部に10円玉を5枚貼ってます。

090430_085956.jpg


1700mAhバッテリーを搭載。こちらは10円玉4枚合わせて159g。
バッテリー単体で137gです。
見た目にはかなりのフロントヘビーにしています。
これが現在の私の設定です。

090430_085858.jpg

機体が軽い分風に弱い機体ですが
フロントヘビーにすることで風に対する抑えも
効いているようです。
ホバリングをマスターできるまではこの方が良いと思います。
将来てきには重心均衡~テールヘビー側に馴れていって
高機動飛行に備えると良いと思います。

またブラシレスモーター&大容量バッテリーの組み合わせで
機体重量が増えますのでより外乱による影響が減ります。
ブラシモーターも寿命が短い上、パワーがないので
早めのブラシレスモーターとアンプの交換をオススメします。

ちなみに現在のモーターとアンプはKING3用の3900KV&50Aです。

次回は番外編 練習編ということで
ホバに向けた練習法を書いてみたいと思います。










スポンサーサイト
category
ラジコンヘリ
genre
趣味・実用
theme
RCヘリ
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/173-e7b03451

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。