GT-Rメンテ日記128

 ブログタイトル メンテ日記ではありますが
クルマはただの足と化してしまっております。

ちょうど購入5周年となりました。
32は5周年を迎えた直後に盗まれました。

中古車BCNR33のトラブルとしてはさほど大きなものはありませんでした。
32は戦慄のエンジンブローを体験してますから少々のことでは。
(4番のコンロッドがブロックを突き破り、オイルパンからミッションケースまで裂けてしまいました)

思い起こすと

購入時すでにエアコンコンプレッサーがロックしていた。
 →リビルト交換

CUSCOのツイプレートクラッチのフリクションプレートが摩耗限界だった。
(発進に3000rpmのエンジン回転でやっとこスタート、エンストしまくり)
→EXEDY シングルセラメタ&ノーマルカバーのASSY交換

5速のシンクロが死んでいた。
→リビルトミッションと交換

とここまでは購入後すぐ手をいれました。
それからはさほど大きなトラブルもなくきております。

フロントのドライブシャフトブーツの破れ
→アウター、インナーともに家の前で交換。こちらは10年に1回ペース?

右パワーウインドウモーターの駆動部ヘリカルギヤ歯欠け
→そこだけの部品の入手不可なのでモーターASSY交換となりますが
 中古モーターからの部品移植で修理。

オルタネーターのレギュレーター故障(過充電)
→リビルトにこれまた自宅前で交換

トラブルといえばこれぐらいです。
たいしたメンテもしなくなってますが機嫌よく走ってくれます。

32時代は毎週走ってましたのでマトをしぼったチューニングで犠牲にできるところ
できないところはっきりしてましたが。
山に上がらなくなった今はやはりメーカーさんがこれでよしとした
ノーマルの状態が一番かなと思うようになりました。
今後は純正部品に戻していこうと考えています。

ステアリングのにぎり部分、サイドブレーキブーツ等内装に
ヘタリが感じられますのでそちらは社外部品にしてみようかなと。

クルマいじりも一段落です。
多分次に乗り換える時は4枚ドアになることでしょう。
スポンサーサイト
category
故障系
genre
車・バイク
theme
メンテナンス&ケア
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gtrmentenikki.blog113.fc2.com/tb.php/124-a43e6139